• バングラデシュから日本へ
  • システム部
  • H.R.

「SUNは仕事だけではなく生活もサポートしてくれる」と語るH.R.
バングラデシュを離れ、日本で2019年5月から働く彼にお話を聞きました
入社の経緯

入社の経緯

社長の文化に寄り添う姿勢が嬉しかった

バングラデシュで働いていた時、日本のIT試験を受験する機会が何度かあり、それが日本に興味を持ったきっかけでした。そこから、日本への就職を斡旋する現地のプロジェクトに参加し、日本語学校に通いながら語学を勉強しました。プロジェクトの一環として、日本企業が参加する就職ガイダンスが行われたのですが、そこでSUNを知りました。ガイダンスに登壇されていた社長は「明るくて、フレンドリー」が第一印象でした。バングラデシュの「パンジャビ」という民族衣装を着て登壇されていたのですが、社長の文化に寄り添う姿勢がとても嬉しかったことを覚えています。
SUNは世界を代表する「人と人をつなぐ」会社になることを会社理念に掲げています。私も世界という舞台で、いろんな国から来る人達と一緒に仕事がしたいと思ってきました。「SUNならその夢が叶うかもしれない」と思ったことが、入社の決め手となりました。
現在の仕事と将来のビジョン

現在の仕事と
将来のビジョン

まずは技術を学び、経験を積んで、そして世界へ

現在は通信業者様に向けた「モジュール開発」に携わっています。その前は5Gの開発プロジェクトに参加していました。来日当初は語学の壁を感じ、コミュニケーションで苦労することもありましたが、現在は楽しく現場で仕事をしています。

私には、5年先の短期目標と、長期的な目標・夢があります。まだ日本に来てからも日が浅く、研修で学んだ技術が仕事にどう活かされるのか分からず、経験が足りないと感じることが多々あります。まずは、日々の業務を通して技術を学び、現場の経験を積んできたい。いずれはリーダーとしてマネジメントも経験したいと思っています。これが5年先の短期目標です。そして、長期的な目標、これは夢でもありますが、バングラデシュ現地の会社と直接取引に参画し「日本とバングラデシュを繋ぐ」人材になりたいと考えています。
SUNのサポート体制

SUNのサポート体制

仕事だけではなく生活のサポートもしてくれる。
友達からも「いいね」と言われます

私はSUN入社と共に来日し、日本での新しい生活が始まりました。日本の生活習慣を全く知らない私に対し、SUNは多くのサポートをしてくれました。住む場所の用意も、日本に銀行口座を開設するときも、携帯のSIMカードを買うときも、いつも先輩社員が同行してくれて、手厚くサポートしてくれました。そうしたSUNのサポートは来日時だけではありません。今でも先輩方とはいつでもチャットで連絡を取り合い、仕事に限らず生活のことでも何か困ったことがあるとすぐに助けてくれます。仕事だけではなく生活のサポートもしてくれるSUNについて、日本在住のバングラデシュ人の友達から「珍しい!」「いいね!」と言われます。
SUNにはバングラデシュ以外にも、イギリス、中国、ミャンマーなど様々な国から来た社員が活躍していますが、日本人社員とも距離が近く、みんな仲がいいです。
HOME RECRUIT 社員紹介 システム部 H.R.

PAGE
TOP